‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ひげの脱毛

2015/03/25

脱毛は女性だけが通うものではなく、近年では多くの男性にも利用されるようになり、女性の目を気にせずに通うことができる男性専用サロンもたくさんできています。男性の脱毛は、脇や腕、すねなど女性のように美的に美しくするためにも行われていますが、男性特有のひげも多く利用されています。
男性の中には濃すぎて青くなってしまう人など深刻な悩みを抱えている人も多く、全てを処理することもできますが全体的にまばらに本数を少なくするだけの施術も行えます。また、毎日のお手入れがおっくうに感じている人にも多く利用されています。
たくさんの男性が通うようになったきっかけは、価格がリーズナブルになったことと手軽さにあります。引き抜くこともなく肌に光をパッと当てるだけで毛根にダメージを与えて抜け落とさせる方法で、施術を受けるにあたって髭を伸ばしておく必要もないのでいつでも施術を受けることができます。10分から15分程度の施術時間で終了するので手軽さもあり、輪ゴムで弾かれたような感覚がするだけで傷みが少ないのが特徴的です。施術後は普段通りの生活をして自然と毛根から抜け落とさせ、毛根にダメージをあたえているので次に生えてくる毛は弱って細くなりだんだんと生えなくなってくるもので、ここで調整をすればまばらに残すことができます。

定番の部位

2015/03/25

脱毛には、定番の部位という物があります。
まず、「ワキの下」。
ここの施術を行っていないサロンはまずありませんし、夏場にノースリーブを着るためには必須の箇所と言えます。
また、基本的に効果が出やすい箇所でもあります。
たいていの人が自己処理を行っているため、毛の断面積が大きくなっていることが多いですし、もともとの毛の質もしっかりしているので、効果が出やすくなる下地ができているのです。
施術は、おおむね3ショットで終了します。
毛の量が少なければ、2か月半周期の施術で1年ほど通えば、目立たないようになります。
また、「ヒザの下」も欠かせない箇所です。
ストッキングの中に毛があったりしたら、非常に恥ずかしい思いをすることになります。
ここは広い箇所なので、ワキの下よりお金がかかります。
ワキの下と同じく毛の質がしっかりしているため、ここも効果が出やすい箇所です。
生えてこなくなるまでには、2か月半周期で2年ほどかかります。
上でも述べたように範囲が広いので、スタッフの手が空いている時は、二人がかりで施術することもあります。
さらに、広い分、施術後のクールダウンジェルの冷たさもしみるので、冬場に行う場合は注意しましょう。

脱毛器の部位

2015/03/25

近年普及しているエステサロンやクリニックの脱毛プランにおいて使用される脱毛機器、及び市販されている家庭用脱毛器の大半は、対応している部位に大きな違いが存在しており、記載されている箇所以外の施術には使えない点に注意して扱わなければなりません。
特に顔やわき・VIOといった箇所は全身脱毛プランで除外されている事例もあり、皮膚が弱かったり産毛が多いといった理由から脱毛しにくい部位として扱われています。
基本的にフラッシュ方式と医療レーザーによる脱毛ではメラニン色素の薄い産毛が処理しにくく、高確率で残ってしまいやすい特性を持っている事から、照射しても効果が見られない場合には別の手段を用意する必要性が生じます。
最も費用を抑える方法は該当箇所のみ日常的に自身で手入れし続ける選択ですが、どうしても永久脱毛を実現したい状況であれば部分的にニードル方式の施術を受けるか、顔脱毛やVIO脱毛を専門的に扱っている施設へ任せる方法も有効となります。
顔脱毛・VIO脱毛に対応しているエステサロンやクリニックは、通常よりも高度な機器調整が施されている傾向を持ち、細かい出力調整に加えて産毛対策が期待できる点で優れています。

大きさ

2015/03/25

最近、家庭用脱毛器の人気が高まっています。
今の女性は大変忙しく、中々エステサロンやクリニックを予約して脱毛の施術に行く事が出来ないのです。
昼間は仕事をおこなし、帰宅後は家事や育児を行います。
ようやく時間が出来るのは、夜遅くだったりするのです。
ですから、自分の空いた時間や好きな時間に脱毛出来る家庭用脱毛器に人気が集まっているのです。
脱毛器にも種類があり、脱毛器としてだけでなく、美顔器としても使用出来るものもあります。
ですから、自分の希望に合った脱毛器を探しましょう。
脱毛器を選ぶポイントは、大きさも一つの基準となります。
大き過ぎると脱毛する際に手に負担がかかる様です。
女性の力を考えれば、小さめで重さの軽い脱毛器がおすすめです。
その一方、レーザーが出力される部分は広い範囲が一気に脱毛出来るものが良いでしょう。
脱毛範囲が狭いと大変時間がかかります。
脱毛範囲が広い事で、早く脱毛が終わりますし、手が疲れる事もありません。
また、脱毛中は痛みが伴う事もありますので、脱毛が早く終わるとその分、痛みを感じる時間も短くなります。
脱毛器自体は軽く、小さいサイズのもので、脱毛範囲は一気に脱毛出来る機器が良いでしょう。

コスト

2015/03/25

家庭で脱毛をしたい時には家庭用の脱毛器が役立ちます。
一昔前の脱毛器ですとそれほど高い効果は無かったという事もあり、脱毛のサポート的な存在となっていましたが、今は実力のある脱毛器も沢山登場しており、家庭でもエステサロンのような効果的な脱毛を行う事ができます。
ただ、選択肢が多くなったゆえに選ぶ際には迷ってしまうものです。
では脱毛器を購入する際にはどんな点に注目すれば良いのかと言いますと、一つのポイントとしてコストが挙げられます。
脱毛器を利用する場合、基本的には継続して利用しなければいけませんので、効果を実感する為には相当なショット数が必要になります。
その為、一回当たりのショット単価が安い脱毛器を選ぶようにした方が気軽に活用する事ができると言えます。
費用が高く掛かるような脱毛器ですと経済的にも継続が難しくなってしまう事もあるものですので、一回当たりにどの程度の費用が掛かるのか確認する事が大切です。
因みに人気商品ですと1ショットどの程度の費用が掛かるのかと言いますと、低いものですと0.15円程度だったりしますので、相当お得に利用する事ができます。
高いものですと1ショット0.8円程度掛かったりしますので、大分差がある事をお分かり頂けるのではないでしょうか。

照射範囲

2015/03/25

家庭で脱毛器を買って脱毛をする場合の脱毛器の選び方として、広範囲を一度に脱毛ができる脱毛器を選ぶことが大切です。ムダ毛は広範囲に生えているので、この毛を1本1本抜いていくのはとても根気のいる作業になります。せっかくお金を払って脱毛器を購入しても、処理をするのに時間がかかってしまっては上手く処理をすることができません。脱毛をする際には、気軽に広範囲の脱毛ができる機器を選ぶことが大切です。広範囲に脱毛ができるかどうかの判断として照射範囲があります。一度に光を照射できる範囲が広い機器が、一度に脱毛ができる範囲も広い機器になります。この範囲だけを注目して機器選びをすることで、数多く販売されている脱毛器を数台にまで絞り込むことができます。数台に脱毛機器を絞り込むことで、更にそれぞれの脱毛機器の特徴を調べることができ自分に合った機器を選びやすくすることができます。また、ネットで購入する場合写真だけでは分かりにくいかもしれませんが、照射部分が光が漏れないような作りになっていることを確認するのも大切です。どんなに広い範囲の脱毛機器でも、照射された光が漏れてしまうのでは意味がありません。絞り込んだ脱毛器の中から、多少狭くてもしっかりと光が照射できる物を選ぶことも必要です。

種類

2015/03/25

最近、自宅でのムダ毛のお手入れに、家庭用脱毛器を使っている人が増加しているようで、家電量販店でも売れ行きランキングは上位に入っているようです。脱毛サロンでの施術料金が軒並み低価格になってはいますが、やはりさまざまな理由から、依然として家庭での自己処理を選ぶ女性もまだまだ多く、カミソリや毛抜きなどでは手間もかかるうえ綺麗に仕上がらなかったり、お肌の状態を汚くしてしまうことも多いので、見せられる美肌を目指して脱毛器による処理を選択されるようです。市場に出回っているものにはいろいろな種類がありますが、中でも一番人気が高い機種は、今、サロンでも主流となっている光脱毛ができるもののようで、痛みを感じることなくムダ毛処理ができるので、幅広い年代の方たちから選ばれているようです。この光脱毛器は、素肌の状態を美しく整えてくれる美肌効果も同時に期待できるので、まさに美しい見せ肌を叶えることができます。またある程度の範囲を一気に処理出来るので、お手入れに時間がかからないという点もポイントが高く、腕や足など広範囲にわたる部位も、難なく処理することができます。細い産毛のような体毛から、男性の固い髭のような剛毛まで処理可能なので、全身脱毛にも使えるし、家族でも使えるので非常に便利だといわれています。

費用

2015/03/25

脱毛器を選ぶ際に、まずは費用が気になる、という方も多いでしょう。
脱毛器の価格は本当にさまざまで、安価なものもあれば、とても高価なものまでたくさんの種類があります。低価格帯のものであれば、20000円前後で買うことのできるものもあります。高価格帯のものとなると、90000円から100000円になることもあります。このように、値段の幅はとても広いのです。高価格のものは、値段に合った性能や肌のケア機能などが備わっていることが多いです。自分の肌が強いか弱いかをきちんと知ったうえで、脱毛したい箇所や程度など、自分の体と相談しながら決めると良いでしょう。
脱毛器を使うメリットは、家で簡単に施術することができるため、エステやサロンなどに通う時間が無い人も脱毛をすることができるという点です。さらに、施術にかかる値段も、エステやサロンに比べて多いに少なくて済むので、お金のことを気にしている人にぴったりだと言えます。
やはり、脱毛器を使うと、全体的にかかるお金がエステやサロンに通うよりも少なくて済みます。しかし、アフターケアや施術後のカウンセリングなどが無いため、自分で十分に気をつけて扱わなければなりません。

脱毛器の選び方について

2014/11/19

 

ムダ毛を気にする女性や最近は男性も処理をするようになっていて、特に若い世代の人がムダ毛に嫌悪感を感じる人も増えてきました。
ムダ毛を自分で処理する場合はカミソリを使うことが多いです。
ムダ毛は全身に生えてくるので、特に夏場などの肌を露出する季節には念入りに処理しないと周りにムダ毛が見えてしまいます。
カミソリは安価で広範囲に使えるのがメリットですが、ムダ毛が濃いと時間が掛かるだけでなく、毛根まで処理しきれず肌も傷つけてしまうことがありますが、家庭用脱毛器を使うと綺麗に処理をすることができます。
中には家庭用は業務用とも変わらない方式のレーザー脱毛ができるのが特徴で、エステに行かなくても自宅で好きな時にムダ毛が処理をすることができます。
エステに通うにはわざわざサロンに通わなければいけないことや、料金も通う回数の分や月額料金などを払わなければならず、ムダ毛がコンプレックスになっている人は他人にムダ毛を見せることに抵抗感がある人もいるのです。
選び方は出力するレーザーの強さや出力を変えたりすることやランニングコストを目安に買うと失敗することもありません。
口コミや周りの評判を見ながら買うと良いでしょう。