脱毛器の部位

近年普及しているエステサロンやクリニックの脱毛プランにおいて使用される脱毛機器、及び市販されている家庭用脱毛器の大半は、対応している部位に大きな違いが存在しており、記載されている箇所以外の施術には使えない点に注意して扱わなければなりません。
特に顔やわき・VIOといった箇所は全身脱毛プランで除外されている事例もあり、皮膚が弱かったり産毛が多いといった理由から脱毛しにくい部位として扱われています。
基本的にフラッシュ方式と医療レーザーによる脱毛ではメラニン色素の薄い産毛が処理しにくく、高確率で残ってしまいやすい特性を持っている事から、照射しても効果が見られない場合には別の手段を用意する必要性が生じます。
最も費用を抑える方法は該当箇所のみ日常的に自身で手入れし続ける選択ですが、どうしても永久脱毛を実現したい状況であれば部分的にニードル方式の施術を受けるか、顔脱毛やVIO脱毛を専門的に扱っている施設へ任せる方法も有効となります。
顔脱毛・VIO脱毛に対応しているエステサロンやクリニックは、通常よりも高度な機器調整が施されている傾向を持ち、細かい出力調整に加えて産毛対策が期待できる点で優れています。

コメントは受け付けていません。